防犯カメラ

犯罪を未然に防ぐ効果や犯罪が発生した時の証拠資料にもなる防犯カメラ。
オフィスや店舗はもちろんのこと、最近では一般住宅の防犯対策として設置される方も増加しています。
種類や値段は様々ですので、お客様のニーズに合わせてご提案いたします。

防犯カメラの導入をお考えの方へ
「もっと安全に」「もっとセキュリティ強化を」そんなニーズに当社がお応えします

□ ビルの非常階段の見回りを無人化したい
□ 工場内(プラント)の火災を防止したい
□ 工場のラインで異物混入を防ぎたい
□ マンションのセキュリティを強化したい
□ チェーン店舗の夜間の防犯体制を堅固にしたい

上記のようなご要望にお応えできるのが、ネットワークカメラ(監視カメラ・防犯カメラ・セキュリティカメラ)です。
当社では、国内外問わず全てのメーカーに対応しておりますので、お気軽にご相談ください。

■防犯カメラの設置ポイント〈法人様〉

・玄関やエントランスホール
不特定多数の人が行き来するため、外から見える位置に設置することが重要。
犯行の証拠資料としての有効性も高く、多くのオフィスや店舗で採用されています。

・倉庫や駐車場、エレベーター      
人の目が届きにくい場所も、大きな犯罪が起こりやすい場所。
犯罪を防止するだけでなく、夜間や休日の監視体制を強化することも◎
その他に、来客状況の確認や従業員のマナー向上にも効果があると言われています。

■防犯カメラの採用ポイント〈個人様〉

不審者情報やいたずらなどが頻発している現代において、個人宅でも防犯カメラの設置をされる方が増えてきました。
しかし“防犯対策はしたいけど、費用はできるだけ抑えたい”というのが本音ですよね。
そんな個人様向けの防犯カメラのポイントをご紹介いたします。

・カラー防犯カメラの選択
万が一犯罪が起こった場合でも、カラー防犯カメラであれば着ている服や乗っている車の色など犯人の特徴が掴みやすくなります。

・屋外に設置する場合は機能面に注意
屋外に設置する際は、夜間などの時間帯や気候なども考慮した機能が搭載されているものを選びましょう。
暗視機能付きや高感度タイプの防犯カメラがおすすめです。しっかりと録画したい人には赤外線照射タイプが良いでしょう。
また、破壊防止のためにハウジングケースを利用するのも◎

・防犯ステッカーの使用
防犯カメラを設置するだけでも犯罪発生率を抑えることができますが、より一層効果を高めたい人には、防犯カメラ部分に防犯ステッカーを貼ることをおすすめします。二重威嚇により、犯罪抑制の効果を高めます。

一覧ページに戻る